きょういく時報は教育ニュースや最新の受験情報を発信し信頼と安心の学びの環境を考えます。
 
編集部
2024.5.23更新
TOP特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシーお問合せ
 

私立通信制高校設置審査基準の改正に伴うパブリックコメント募集中
5月末日締切/大阪府教委私学課

5.23




2025年度 私立中学校・高等学校説明会 オープンスクール開催日程 (5月)
◎事前申込制により満席の場合もございます。詳細は各校のホームページ等でご確認ください。


三田学園中高
中学入試向け≪中学オープンスクール≫小学6年生対象 5/25(土) 9:00~ 本校小寺ホール他
※全体説明会・体験授業・クラブ見学あり。要予約


開智中高
中学入試向け≪入試説明会≫5/25(土) 13:00~14:30 きびドーム(有田川市)
高校入試向け≪入試説明会≫5/25(土) 15:00~16:30 きびドーム(有田川市)
※すべて事前申込受付中


大谷中高【大阪】
中学校・高校共通≪学校見学会≫5/25(土) 本校
※詳細は本校HPをご確認ください。


六甲学院中高
中学入試向け≪第2回学校説明会≫5/25(土) 14:00~ 本校
※要予約

 2024年3月28日号
★2024年度 私立中学入試問題解説特集
問題分析・解説協力:希学園


灘中学校・算数(第1日)
「易しい問題で取りこぼさないことが重要」
解説:希学園算数科・松田 景人 先生

灘中学校・算数(第2日)
「条件整理・作図など作業の精度を高めよう」
解説:希学園算数科・松田 景人 先生 

洛南高等学校附属中学校・算数
「時間配分,問題の取捨選択が肝要」
解説:希学園算数科・田中 健一 先生

洛星中学校・算数(前期) 
「フリーハンドでの正確な作図練習も」
解説:希学園算数科・橋本 裕治 先生 

四天王寺中学校・算数
「少し易しくなった算数問題」
解説:希学園算数科・森 祐子 先生 

六甲学院中学校・算数(A日程)
「基本~標準レベルを幅広く確実に」
解説:希学園算数科・森 匠 先生



★時の話題/インタビュー
「4月に始まる私立高校無償化について」



私学経営の独自性侵害」各府県の私学連合会と連携強化
兵庫県私立中学高等学校連合会
和田 孫博 副理事長




「WWLコンソーシアム・生徒課題研究成果集を発刊」
京都先端科学大学附属高等学校

>>> 写真は、このほど発刊された『生徒課題研究成果集』。国際コース高3生の論文や、1~2年生がまとめた研究サマリーなどが収録されている。
 



  「生徒の探究力さらに」 
実践研究フォーラム開催/京都の東山中学・高等学校

<<< 写真は、高1の数学授業見学後におこなわれた「授業検討会」の模様。「微分法」のより深い理解をめざす独自の授業展開が、参加した先生方の関心を呼び、検討会では熱心な討議が続いた。



洛南高等学校附属中学校・人事異動



「高校1・2年生の8割以上が新課程入試に不安」
河合塾・高校生意識調査




  これまでの主な記事はこちらからご覧いただけます。

 
 

  私立中学入試最前線「2024年4月共学化!滝川中学校高等学校・下川清一校長先生に聞く」希学園のベテラン渉外部長・吉田政平先生による直撃インタビュー 【動画】

 近畿の実力私学50選
 
おすすめの実力私学
信頼と安心の近畿の私立中高をご紹介
2024年度版

同志社女子中学校・高等学校「生徒の約9割が同志社大・同志社女子大へ」女子のリーダーシップを育成<女子校>洛南高等学校・洛南高等学校附属中学校「高校は『空』と『海』のコース制」幅広い視野と生涯学び続ける力を<共学校>智辯学園和歌山中学校・高等学校「各分野で活躍するリーダーの育成」可能性を最大限に引き出すカリキュラム<共学校>開智中学校・高等学校「無限の可能性を持つ君たちへ」今、開智教育ができること<共学校>金蘭千里中学校・高等学校「生徒一人ひとりが主役の教育」教育内容さらなる充実へ<共学校>滝川中学校・高等学校「2024年4月から共学に」中学は医進選抜とSG一貫,高校はSGで女子募集<2024.4より共学校>東山中学・高等学校「東山で見つける 叶える」男子校で磨くセルフ・リーダーシップ<男子校>洛星中学校・高等学校「高い精神性と豊かな情操」2024年度より募集人数を200名に変更<男子校>京都先端科学大学附属中学校高等学校「『京都発世界人財』の育成」アート教育やものづくり講座などSTEAM教育の展開<共学校>甲南女子中・高等学校「6年完全一貫の女子教育で躍進」国公立大50名, 医医23名(国公立7名含),関関同立156名合格!<女子校>六甲学院中学校・高等学校「『他者』とともに生きる」世界の課題に率先して取り組むリーダーへ<男子校>大谷中学校・高等学校「6か年課程で高1より『S医志』『S理系』クラス開設」高校3か年課程 約5割が国公立大へ<女子校>四天王寺高等学校・中学校「社会をリードする女性の育成」<女子校>四天王寺東高等学校・中学校「進化し続ける『四天王寺東』」中学はS特進・特進の2コース制<共学校>関西大倉中学校・高等学校「高校は『特進』『「特進S』の2コース制へ」国公立大201名, 医医17名, 関関同立620名合格躍進! <共学校>愛徳学園中学校・高等学校「個々の進路を拓く少人数教育」コミュニケーション力・英語力・プレゼンテーション力など7つの力を育成<女子校>同志社香里中学校・高等学校「大阪で学ぶ同志社の『志』」ICTなど教育環境さらに充実<共学校>


 
過去のカレイ臭はこちら


大阪府の私立高校無償化の意味
1.24

大学の自治,学問の自由はどこへ
国立大学法人法改正を“ステルス決議”

12.15

全国唯一「私立高校が授業料を負担する」
吉村大阪府政“完全無償化”案に保護者からも疑問の声
議会・行政機能せず所得格差さらに拡大か

7.25

大阪の各私立高校,授業料の負担も限界
無償化は歓迎だがどうする原資?
「問答無用」ではなく、私立中高との話し合いが重要

5.29

まさかの神宮外苑再開発
4.12


きょういく時報は教育時報社が発行する教育メディアです。
「きょういく時報」月1・2回発行 1年購読会員2,300円(送料・税込)
>>ご購読お申込みフォームはこちら


≪お知らせ≫
教育時報社編集部は2024.3.1より大阪市中央区玉造1-7-7-502(電話:06-6710-4223)に移転しました。


当HP掲載記事の無断転載・転用を禁じます。
©2024 Kyoikujihosha All rights reserved.