教育時報社

TOP特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシーお問合せ

私立中学校高等学校への関心高まる
大阪私立学校展」入場者昨年より約15%増

2018.8.18


 


 大阪私立中学校高等学校連合会(大阪私立中高連)主催の大阪私立学校展が8月18日から2日間にわたり大阪市中央区のOMMビルで開催されている。

 同展には大阪府内の全日制私立中高97校と通信制単位制高校7校が参加しており、初日の18日には朝早くから子供連れの保護者らが入試相談に訪れた。

 大阪私立中高連の発表では、初日の午前中、昨年より約15%ほど多い約5,500人の入場者となった。

 入場者の中には2023年から始まる大学入試改革に向けての情報を集めようと、真剣な面持ちで目的の学校の相談コーナーへ向かう保護者も目立った。

 また、来年から高校からの募集を行なう大谷中学校高等学校の相談コーナーでは、待機する保護者も多く見受けられた。大阪私立学校展は19日(日)も午前10時から午後5時まで開催されている。
 

戻る



当HP掲載記事の無断転載・転用を禁じます。
©2018 Kyoikujihosha All rights reserved.