教育時報社

TOP特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシーお問合せ

『親の品格』
坂東眞理子著/PHP新書

<「きょういく時報」12.2.18 673号掲載>




 少子化、核家族化、共働きが当たり前の今、ニートやパラサイトシングルといった現象も珍しくない。時代や社会の変化に伴い、「親に期待される役割は、近年大きく変わってきた」(同著あとがき)といわれる。

 著者は、『女性の品格』がベストセラーとなった坂東眞理子さん。総理府入省後、副知事や女性初の総領事、大学教授、学長を歴任し、幅広い視野から「新しい時代に生きる子を育てるために親ができること、しなければならないこと」を具体的に書いてみたかったという。

 わが子の人間的成長を促すポイントは66項目。その第1は「挨拶から始めよう」。言い古されたフレーズに聞えるが、親の品格がここから始まるというのは新鮮だ。

 各項目では具体例に即して、「こんなときどうする?」「なぜ?」というように、読者も一緒に考えていける。

 「差別をしない」の項目では、「母親自身が、『あなたは女の子だからがんばっても無理よ』と、娘のやる気をそぐような言葉を浴びせるのは厳禁」といった貴重な忠告が見られる。

 では、目の前にいるわが子が褒められたら、親としてどう反応すればよいだろう?(「謙遜はほどほどに」)。

 また、「ニュースショーやワイドショーでは、加工された情報がたくさん提供されています。コメントを述べるタレントのなかには、極端な意見を言うことで人気を博している人もいます。親は子どもと一緒にテレビを見て、雑談しながら、情報のそうした一面を、子どもに伝えましょう」(「子ども部屋にテレビは不要」)など、これからの時代に求められる親の見識、品格のありようが、ストレートに表現されている。

 話題は、就職や結婚、そして娘や息子の配偶者とのつきあい方にまで及ぶ。

 新しい時代を生きていくのは、なにも子どもだけではない。あとがきの中で著者は「お互いにベストをつくすところから品格のある親子関係が生まれていくのではないか」と述べている。

(『親の品格』坂東眞理子著・PHP新書2008/定価720円税別)

<M>




戻る



当HP掲載記事の無断転載・転用を禁じます。
©2019 Kyoikujihosha All rights reserved.