教育時報社

TOP特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシーお問合せ

“こころの時代”のコミュニティ塾
須原英数教室(大阪府)
須原 秀和 塾長インタビュー

<「きょういく時報」14.4.28 713号掲載>






―― 塾教育のポリシーをうかがいたいのですが。
須原塾長:
勉強面ではまず学校の授業を大切にさせること。同時に、自分の勉強も大切にすること。自分の勉強がちゃんとできるようになってもらうには、精神面の支えも必要だと考えています。

 また、「自分の責任の持てる範囲内で指導する」というスタンスを貫き、講師を雇わず教室も増やさず、創塾以来妻と二人だけで指導してきました。


―― 須原英数教室の対象学年や、指導体制などは。
須原塾長:
小学4年生から大学受験浪人生までいます。1クラスは平均5名前後です。1クラスの人数は5人までで、小学5・6年生は中学受験向けのクラス(“飛び級”)もあります。


―― 奥様の担当教科は。
須原塾長:
中学受験から大学受験まで、国語は全て担当してもらっています。

 小学4年生から毎週一定時間きちんと国語を勉強していくと、中学や高校に入ってからの落ち着きと学力の伸びが確かに違ってきます。反抗期に入っても、簡単にプチンと切れたりしない、ちゃんと話をすれば分かってくれる子供に育ってくれるようです。

― 本文より抜粋―


*須原英数教室

所在地:大阪府八尾市東山本新町5丁目8-1
電話:072-996-1020
http://www.suhara-eisu-hlk.com
国際教育学会正会員、全国学習塾協会・関西私塾教育連盟正会員


戻る



当HP掲載記事の無断転載・転用を禁じます。
©2019 Kyoikujihosha All rights reserved.