教育時報社

TOP特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシーお問合せ
変臭長(加齢臭?)番外編


“時そば”内閣

2014.2.22


 昨年12月26日の安倍総理大臣の靖国神社参拝から、対中国・韓国との外交は益々ギクシャクしている。
 
 12月26日の安倍総理大臣の靖国神社参拝に関し、菅義偉官房長官の記者会見で明らかにされたのは、「私人」参拝と言いながら、「内閣総理大臣安倍普三」と記帳したことだった。

 ならば当然、公人としての肩書きを記名したことになるのではないか。

 菅官房長官は参拝について、「(私人としての参拝だから)政府として立ち入ることはない」と語ったらしい。が、いくら私人として玉串料を奉納した、とのことだとしても、総理大臣の仕事の報酬としてもらったお金から出したのか、それ以外のご自分のお金から出したのか、お金に「私人・公人」の別が書いてあるわけでもあるまい。

 「ひい、ふう、みい…、オヤジ、今何時(なんどき)だ???」

 ご存知、落語の“時そば”のようなゴマカシが、われわれ庶民に通用する、との見識ならば総理としてあまりに情けない話だ。<N>



※関連参考書

『靖国問題』(ちくま新書)
東大教授・高橋哲哉著


靖国神社を参拝した歴代総理と、安倍総理の参拝は何が違う?
靖国はなぜ“問題”なのか?

---------------------------------------------

『ニッポン日記』(筑摩叢書12)
マーク・ゲイン著/井本威夫訳

軍国主義解体に向けてGHQはどう取り組んだのか?






戻る



当HP掲載記事の無断転載・転用を禁じます。
©2018 Kyoikujihosha All rights reserved.