教育時報社

TOP特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシーお問合せ

テレビ朝日、おぬしもか…

2018.4.19



 福田淳一前財務事務次官のセクハラ事件で、被害者はテレビ朝日の女性記者であることがわかった。財務省に正式に抗議する、という。

 東京新聞の記事によると、女性記者は当初、セクハラを報じたいと上司に相談したが、難しいと伝えられたらしい。その結果、記者は週刊新潮に情報を提供したとのことだ。

 まずは、この女性記者の放送記者としての根性に賞賛をおくりたい。


 放送が「難しい」といったのは上司だけなのか、同社の上層部でそう決まったのか、東京新聞の記事では見えない。しかし、うがった見方かもしれないが財務省や麻生大臣、総務省などへの“気配り”がききすぎたのでは。

 一方、テレビ朝日の組織自体も、男女協働社会の認識が余りに薄いと感じる。

 同社は深夜に記者会見を開いたが、「取材活動で得た情報を第三者に渡したことは報道機関として不適切な行為で遺憾」と、きれいごとに終始したようだ。“風呂のフタ”のような存在では報道機関としての名が泣くのではないか。

 テレビ朝日が堂々と、問題意識(あるならば)を持って迅速に報道すべき案件ではなかったかと思う。(N)

戻る



当HP掲載記事の無断転載・転用を禁じます。
©2018 Kyoikujihosha All rights reserved.