教育時報社

TOP特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシーお問合せ
近畿の実力私学百選
学校法人 大阪初芝学園

初芝富田林中学校・高等学校



所 在 地 〒584-0058 大阪府富田林市彼方1801番地
電 話 0721-34-1010
F A X 0721-34-1090
交  通 近鉄長野線滝谷不動・河内長野,南海高野線金剛,泉北高速泉ヶ丘・和泉中央各駅,和泉市立病院前,岸和田市立城東小学校前よりスクールバスあり
H P http://www.hatsushiba.ed.jp/tondabayashi/
■大学合格実績 2017年度 (延べ人数過年度生含む)

 東大理U現役合格!! 国公立大等123名, 関関同立213名
 医歯薬獣医系37名合格
 【国公立大】
東大1・阪大2・広島大2(医1含)・神大3・和歌山県立医大1(医)・国際教養大1・北大1・帯広畜産大1・大教大4・大市大2・大府大12・和歌山大8・徳島大5/防衛医大2(医1含)など 計123名
 【私立大】
≪医歯薬≫自治医大1(医)・兵庫医大1(医)・東海大1(医)・大阪歯大1・神戸薬大1・京薬大2・大薬大6・近大5(薬)など ≪他私立≫ 早大5・慶應大1・上智大4・中央大2・東京理大4・関大114・関学大37・同志社大28・立命館大34・近大238(再掲含) など

     ≪学校法人 大阪初芝学園≫

 ■はつしば学園小学校
 ■初芝立命館中学校・高等学校
 ■初芝富田林中学校・高等学校
 ■初芝橋本中学校・高等学校
 
初芝富田林中学校・初芝富田林高等学校
2018年度入試案内へ
坂本 守孝 校長に聞く「本校の特色」
   坂本守孝校長先生
(初芝富田林中学校・高等学校)

大学入試改革を見据えた
新時代の教育


中学入試で適性検査型『リテラ入試』


 初芝富田林は、グローバル社会で活躍するリーダーの育成をめざして、日々教育活動に励んできました。

 創立34年目を迎え、2020年度の大学入試改革を見据えて、生徒の「意欲」・「主体性」を伸ばす新しい試みを始めています。

 まず、従来のコース制を改め、高校入学生は2年次より、中学入学生は中学3年次より「Will-Frontier」・「未来創造」の2コース制に再編し、学習目標の「見える化」や生徒自身による「学び方の選択」を可能にしました。

 この新コースの理念を軸に、「探求活動」など生徒の主体的で深い学びや、「グローバル国際教育」ではより高い英語力・コミュニケーション力の育成をめざした先進的なプログラムの実践・開発に努めています。

 また、これらの新しい取り組みを加速させるツールとして、既に電子黒板を全教室に設置しましたが、今年度より1人1台のタブレットPCを導入しました。個に応じた学習、自主学習支援など、学習の効率化も進めています。

 さて、こうした本校での動きに連動させて、2018年度中学入試より適性検査型入試『リテラ入試』を始めます。

 この入試を通じて、思考力や表現力に富み、学ぶ意欲にあふれ、探求活動などにおいては、クラスの牽引役となってくれるような人材を見いだしたいと考えています。詳しくは、入学説明会等でご説明しますので、ぜひご来校ください。



2017年度 大阪大学・前期理系数学入試問題解説
【本紙 5.28 Vol.764掲載】



戻る


当HP掲載記事の無断転載・転用を禁じます。
©2017 Kyoikujihosha All rights reserved.