教育時報社

TOP特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシーお問合せ

>>> 多様化する近畿の私立中高入試

金蘭千里中学校・高等学校

国語または算数1科型「中期J・M入試」導入
コロナなど追試験情報もHPで確認を


きょういく時報」21.10.28号掲載>




 本校は、完全な中高6年一貫教育を実施しています。1クラス30人の少人数制で、定期試験に代わる毎日20分間のテストも大きな特色となっています。「コミュニケーション能力」「リーダーシップ」「柔軟性」の育成を図り、生徒一人ひとりが主役になれる教育を推進しています。


受験生の“得意”を活かす多様な入試

 本校では、帰国生入試や英語入試など多様な入試方式を取り入れてきました。現在、帰国生入試の1期生は高2に在籍しています。周囲の生徒たちも良い刺激を受けており、入試の多様化に伴う好循環を実感しているところです。

 2022年度入試では、あらたに国語または算数による「1科目入試」を導入します。飛び抜けた“得意”を持つお子さんたちに、本校ならではの教育環境のもとで個性を伸ばしていただきたいと思います。

 2022年度の中学入試日程は、1月15日(土)午前「前期A」「前期E」、午後4時45分から「中期B」、5時5分から「中期J」「中期M」、1月16日(日)午前「後期」「帰国生」となります。

 このうち「前期A」では、全員に国・算・社・理の4科を受験していただき、①4科合計点、②(国+算+理)×1.2、③(国+算+社)×1.2の3パターンの中から最高得点を用いるアラカルト判定を行います。

 「前期E」は英語入試で、国・算・英の3科型。英語はリスニングを含む70分・120点で、国・算は前期Aとの同一問題です。

 「中期B」と二日目の「後期」は国・算2科型。ちなみに「中期B」は、これまでの「前期B」と同日程で、国語は従来と同様に記号選択式の設問が中心です。「中期J」は国語のみ、「中期M」は算数のみの1科目入試で、いずれも「中期B」と同一問題です。

 二日目の「帰国生入試」は日本語・適性検査・本人面接の総合判定で、「前期E」との併願も可能となっています。

 出願はインターネット方式で、出願期間は全日程12月13日(月)から1月11日(火)。本校のパソコン等から出願手続きをご希望の際は、事前にご連絡ください。

 また、コロナ対策の一環として追試験日設定に向けた準備も進めており、詳細は本校ホームページでお知らせします。


2021年度の教科別出題傾向をつかもう!

 では、2021年度入試の教科別出題傾向を振り返っておきましょう。

 国語は、前期A・Eで記述問題の分量が少し増え、図表を読み解く問題も出題されました。前期Bでは、論理的な判断力を測定する短文読解の問題が前年度に続いて出題されました。正答率は約70%と高く、比較的よくできていたのではないかと思います。この長さの文章を正確に読みこなすことが長文の読解力につながっていきますので、なじみのない内容の文章にも前向きに取り組む姿勢を大切にしたいものです。また、記号選択問題であっても「相手が読める文字で出来るだけ丁寧に」答案を書く心がけを持つようにしましょう。後期入試は、第1問が日本語リスニング問題でした。「家にあるもの」と「これから買うもの」とを聞き分けてチェックしたり、上手にメモをとりながら正しい選択肢を判断する必要があり、日頃から人のお話をよく聞いて大切な情報をメモする習慣があれば得点アップにつながったものと思います。

 算数は、入試によく出てくる代表的な問題を幅広く出題しています。特に大問1は、受験生が安心して取りかかれるように計算や単純なパターン問題で構成しています。各大問も、最初の1問は考えやすい設問となっており、ここを落とさないことが肝要です。前期A・Eでは、解答と同時に理由の説明を求める問題も出題されました。解答は合っているのに理由説明のできていない答案が目についたようです。普段の学習から、根拠を明確にする意識を持ちたいものです。

 理科は、制限時間が30分と短く、手のつけやすい問題から取り組む練習が有効です。理科実験など、コロナの影響で取り組みにくい状況もあるわけですが、理科で使う用語の意味を正確に理解し、活用できるようにしておきましょう。 

 社会は、地歴公がほぼ同配点となるように出題しています。今回、各分野の正答率は約6割でした。自分の得意な分野から先に取り組むのもおすすめです。漢字で書くべきものは正確に書けるようにしておいてください。

 なお本校入試の過去問は、全教科『金蘭千里中学校入試情報サイト』からダウンロードしていただけます。 


(お話は金蘭千里中高 中村聡太教頭先生)


戻る



当HP掲載記事の無断転載・転用を禁じます。
©2022 Kyoikujihosha All rights reserved.