教育時報社

TOP特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシーお問合せ

[私立中高入試直前特集]

中学入試は3回のチャンスを有効に
卒業生の3人に1人が国公立大・大学校へ

和歌山信愛中学校・高等学校
きょういく時報」17.11.28 772号掲載>




 和歌山信愛中学校は、医進・特進・学際の3コースで生徒募集を行います。理数系の教科でも、女子の特性であるコツコツと積み上げていける良さを活かした取り組みを実践し、今春も卒業生の3人に1人が国公立大および大学校に合格しました。

 また、高校は文科省のSGHアソシエイト校指定を受け、国内外の様々な活動の場にも積極的に参加しています。

 2020年に予定される大学入試改革に対応すべく、生徒一人ひとりの能力を引き出す取り組みをさらに拡充・定着させてまいります。

 2018年度中学入試は、1月13日(土)に「A日程午前入試」と「A日程午後入試」、翌1月14日(日)に「B日程入試」を行います。これまで3日間にわたって実施してきた日程が2日間になりますが、受験機会は計3回となっています。

 出願方法はインターネットのみで、出願期間は12月11日(月)午前9時から1月11日(木)午後5時まで。全日程同時出願となります。1月9日(火)以降、本校事務局のパソコン・プリンタからの手続きも可能です。

 「A午前」および「B日程」の入試科目は、医進・特進コースが3科(国・算・理)、学際コースは2科(国・算)です。

 出題傾向については、国語が例年、語句・漢字・文法の問題、説明文、物語文の大問3題で、2018年度も同様の構成になる予定です。

 また、A午前とB日程の出題レベルを比較すると、A午前の方が若干易しく、本校を第一志望とお考えの受験生にはA午前は受けていただきたいと考えます。

 「A日程午後」は従来の後期日程と同様の入試内容で、600字の作文と算数の基礎テストを実施します。基礎テストでは途中式や考え方を書く問題も出題します。なお、面接も全日程で実施します。

 合格の目安となる得点率は、年度によって多少の変動はあるものの、A午前ならびにB日程の医進は70%、特進60%、学際40%、A午後の医進は80%、特進65%、学際50%あたりが目安になるでしょう。

 受験料はA午前・Bが各2万円、B午後が1.5万円です。複数回(2or3回)受験の場合、合計で2万円としています。

 「A日程午後入試」も3コースからの選択を可能にしました。入学手続締切日は県立中学校合格発表後の1月29日(月)に設定しており、併願していただきやすいのではと思っています。


高校はインターネットで手続き後 郵送・窓口持参

 高校は特進コースと学際コースで生徒募集を行います。募集定員は特進60名・学際70名で、学際コースには「スポーツ特別募集」の30名が含まれます。

 スポーツ特別募集の出願希望者は、12月と1月の2回実施される事前認定審査のいずれかを受けておくことが必要です。

 出願は、インターネットで手続き後、郵送・窓口持参のいずれも可能です。出願書類は各自でプリントアウトしていただく形になります。

 入試は1月28日(日)、国・英・数の3科目で行います。このうち英語入試では、これまで試験時間の後半に実施してきたリスニング問題が、試験開始から5分以内にスタートするなど変更点があり要注意です。

 本校では12月の学校最終説明会で、中・高の入試傾向と対策についてもご紹介いたします。また、年末の個別相談会にも予約不要でご参加いただけます。最終チェックの機会として、ぜひご活用ください。

(お話は和歌山信愛中高・長江高司 先生)

戻る


当HP掲載記事の無断転載・転用を禁じます。
©2018 Kyoikujihosha All rights reserved.