教育時報社

TOP特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシーお問合せ

[私立中高入試直前特集]

中学のA1入試は4科・3科・2科選択へ
中学web出願のみ 高校は窓口と郵送

関西大倉中学校・高等学校
きょういく時報」17.11.28 772号掲載>




 関西大倉中学校は2018年度、入試日程と受験科目の設定を大きく変更いたします。

 入試の回数は従来と同じ計3回ですが、初日の午後に「A2日程」を新設し、入試日程は初日と2日目の短期間で終了となります。

 また、初回の「A1日程」で、国語と算数による2科型受験を選択することが可能になりました。より多くの受験生の皆さんが本校を選んでくださるようにと願っております。


初日午後にA2日程新設

 関西大倉中学校は「六年一貫コース」を設置しています。入学後2年間で、英・数・国を中心とする基礎的な力を身につけます。

 中学3年進級時には、東・京・阪・神大、医歯薬系への現役合格をめざす「選抜Sクラス」も編成いたします。

 大学入試改革に向けた取り組みを精選する中、英語科ではネイティブ教師とのティームティーチングによるオールイングリッシュの授業も展開しています。

 さて、2018年度の本校中学入試は、1月13日(土)≪午前≫「A1日程入試」(4科型・3科型・2科型より出願時選択)、1月13日(土)≪午後≫「A2日程入試」(2科型)、1月14日(日)≪午後≫「B日程入試」(2科型)となっています。募集人数は、男子・女子140名です。

 出願方法はWeb出願のみで、12月18日(月)から全日程で受付がスタートします。出願締切日は「A1日程」が1月10日(水)午後3時まで、「A2日程」と「B日程」はそれぞれ試験当日、入試開始の2時間前にあたる午後2時まで出願可能となっています。

 小学6年生の皆さんを対象としたプレテストと、その結果を踏まえた「プレテスト説明会」も、広くご活用いただいております。プレテストでは、4科・3科で参加される方々に対しても、2科による判定結果をお知らせしています。

 入試では、4科型の場合、理科と社会の得点の高い方を判定に利用させていただきます。合格ラインの微妙なところでは、理科や社会の得点が活きてくる場合もあるようです。

 中学入試の問題構成、難易度はほぼ例年通りとなる予定です。本校のホームページから過去問をダウンロードできますので、入試直前のこの時期、時間を計って取り組んでおくとよいでしょう。各教科をトータルして60%を超えるあたりが合格の目安となります。

 また、複数回受験による若干の優遇制度も設けています。各日程の出題は教科ごとに類似しており、反省点を次の受験に活かすなど積極的にチャレンジしてほしいと思います。


高校は窓口・郵送の願書締切日に要注意

 高校入試は2月10日(土)、5教科で行います。募集人数は「特進Sコース」約35名、「特進コース」「総合コース」はそれぞれ約160名です。

 窓口と郵送いずれの出願も可能ですが、願書締切日は異なりますのでご注意ください。
 
 本校は全人格的教育をモットーとし、学習に“まっすぐ向き合える”環境を大切に考えています。中・高では放課後を利用した学習にも長年取り組んでおり、高校では多くのテーマ別学習会を開いています。

 今春は、京大・阪大など国公立大学に130名、関関同立に351名の合格者を送り出しました。

(お話は関西大倉中高・松村健司 先生)

戻る


当HP掲載記事の無断転載・転用を禁じます。
©2018 Kyoikujihosha All rights reserved.