教育時報社

TOP特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシーお問合せ

[私立中高入試直前特集]

中学校はインターネット出願のみ
今春より高校で陸上アスリート若干名募集

智辯学園和歌山中学校・高等学校
きょういく時報」17.11.28 772号掲載>




 本校では、国公立系大学への合格者数が毎年、卒業生数の7割を超えています。医学部・医学科をめざす生徒も多く、国公立大学・医学科の合格者数は全国有数との評価をいただくようになりました。

 2020年以降の大学入試を見据えた教育改革の一環として、本校では1校時の授業時間を60分に変更し、基礎基本となる学力の充実と思考力・創造力のさらなる育成をめざす体制を強化いたしました。

 高校では、スポーツコースの生徒たちが甲子園出場に向けて不断に努力する姿が、学校の一体感を大いに盛り上げてくれています。今春は編入コースに陸上競技部が発足し、駅伝での活躍に向けたチャレンジも始まりました。


奈良県五條市の智辯学園へ移行合格も

 さて、本校の2018年度中学入試日程は、前期1月13日(土)、後期1月16日(火)で、募集人数は前期100名、後期35名。

 出願方法はインターネット出願のみで、前期・後期とも出願は12月20日(水)にスタートし、前期出願は1月11日(木)まで、後期出願は1月15日(月)まで受け付けとなっています。

 前期日程では、奈良県五條市の智辯学園中学校を第二希望とする「移行合格」の制度を利用できます。なお、後期日程は移行合格の制度を利用することができません。

 入試科目は国・算・理の3教科で、面接はありません。今春の入試結果分析では、国語は記述問題で得点差が開いたようです。

 算数は、2018年度も例年通りの出題傾向となる予定です。計算は速さも必要ですが、正確性に欠けることのないように。担当者によると「単位を変換する問題も近年は出題頻度が高くなっている」とのことです。

 理科は、思考力・計算力が必要となる後半の問題で大きく差がつきました。「日頃から、図鑑で調べたり自然を注意深く観察する習慣を身につけてほしい」とのアドバイスも参考にしていただければと思います。

 
高校はインターネット出願と調査書郵送

 高校の募集定員は、編入コース45名(専願・併願/男女共学)、スポーツコース10名(専願/男)となっています。編入コースには、長距離走に優れた能力・記録を有する男女若干名も含まれます。

 出願方法は、インターネット出願および中学校調査書郵送です。

 保護者の方々からは、本校の特色ある教育内容とともに、学費面でのメリットにも関心をお寄せいただいております。生徒の皆さんの能力の最大開発をめざす智辯学園和歌山で、思い切りチャレンジしてほしいと願っています。

(お話は智辯学園和歌山中高・森田公治 先生)

戻る


当HP掲載記事の無断転載・転用を禁じます。
©2018 Kyoikujihosha All rights reserved.