教育時報社

TOP特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシーお問合せ

[私立中高入試直前特集]

設問の指示も正確に読み取ろう
直近の過去問を用いた練習が有効

花園中学校・高等学校
きょういく時報」17.10.28 771号掲載>




 花園中学校は、「スーパーグローバルZENコース」と「ディスカバリーコース」の2コースを設置しています。

 スーパーグローバルZENでは、一般教科も英語で学ぶイマージョン教育を取り入れ、海外大学への進路を開きます。ディスカバリーでは探究学習と英語力の強化を図るなど、大学入試改革に対応した学びを推進しています。

 2018年度の中学入試は、1月13日(土)・14日(日)・15日(月)の3日間、午後入試を含む合計7つのパターンで実施します。

 国語・算数の2科入試、英語を加えた3科入試、課題作文によるフラッグシップ入試、公立の中高一貫校との併願受験にも対応できる「むげん入試(適性検査型)」2科型および4科型、これらの全入試方式でグループ面接も行い、人物評価もプラスアルファになるようにと考えています。

 フラッグシップは専願入試となっており、課題作文のテーマは2つ出題され、どちらかを選択していただきます。

 入試科目別の分析結果を見ますと、国語では、長めの文章を読みきれず時間切れとなった受験生もいたようです。日頃から長文に接しておくことも必要といえるでしょう。

 算数は、前半の計算問題と短文形式の問題で配点率50%となっています。途中式も採点の対象となりますので、部分点が得られる可能性がある一方、答えが正しくても途中式でミスが見つかれば減点の可能性もあり、要注意です。

 また、3科入試の英語は基本的に英検5級から3級までの内容に準じます。適性検査型の「むげん入試」では、文章を書き切る力が求められています。

 なお受験当日、風邪で体調不良だったり、思うように実力が発揮できなくても、1回分の受験料で複数回受験が可能となっていますので、再チャレンジの機会として有効にご活用いただければと思います。


高校にも作文・面接の特進A特別選抜

 高校入試は、特進A・Bコース、進学カルティベートコースの3コースで実施します。コース選択は、自ずと中学3年時の進学目標に応じたものになると思われますが、入学後の取り組みによって高2からのコース変更も可能としています。

 2018年度の第1回入試は2月10日(土)、第2回入試は2月12日(月)です。難関国公立大学の受験に対応した特進Aコースには、課題作文と特別面接による特別選抜入試の区分も設けています。いずれの入試も、直近の過去問で練習しておくことをおすすめします。

 高校入試、中学入試のどちらにもいえることですが、自分の目標を出来るだけ早い時期に見定め、一日一日努力を重ねていくことが合格につながっていくものと思います。

(お話は花園中高・入江美之 先生)

戻る



当HP掲載記事の無断転載・転用を禁じます。
©2017 Kyoikujihosha All rights reserved.