教育時報社

TOP特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシーお問合せ

[私立中高入試直前特集]

合格発表もWeb照会方式へ
全入試日程でスタンダードコース受験可能に

甲南女子中学校
きょういく時報」17.10.28 771号掲載>




 甲南女子中高は、高校からの生徒募集がない完全な6年一貫教育校です。中学と高校は「Sアドバンスト(Sアド)」「スタンダード」の2コースを設置し、1クラス36人の少人数制、週6日制を実施しています。

 進学面では毎年、東大・京大・阪大・神大、医大などに卒業生を送り出しています。授業では“環境”“平和”をテーマに据えた総合学習や、学年を超えた縦割りグループによる多様な学びを大切にしています。

 さて、2018年度の中学入試日程は、A入試1次1月13日(土)、A入試2次1月14日(日)、B入試1月17日(水)となります。

 A入試2次では、スタンダードコースの受験も可能になりますが、Sアドからスタンダードへの「移行合格」の希望は、A入試1次とB入試のみで受け付けます。

 A入試では、1回分の受験料で1次・2次の両方を受験することができ、こうした制度も有効にご活用いただければと思います。

 またB日程入試では、スタンダード単願者の合格数を、「5名以上」としています。ちなみに今春の入試では、SアドのA入試での歩留まりが良かったため、B入試のSアドは競争率が上がる結果となりました。


B入試出願は1月16日正午まで

 出願方法は前年度と同じWeb出願のみです。出願期間は12月11日(月)にスタートし、A入試は1月11日(木)午後3時まで、B入試は1月16日(火)正午までとなります。

 B入試は統一入試日及び翌日の受験結果を見て、出願することが可能です。詳細は入試要項などでご確認ください。

 また、合格発表の方法はすべてWeb上の合否照会へと変わります。関係書類は、入学手続き時にお渡しいたします。

 入試科目は、A入試1次が国・算・社・理の4科で、合否判定には@(国+算+社+理)、A(国+算+社)×1.2、B(国+算+理)×1.2のうちの最高得点を用います。

 A入試2次とB入試は国・算の2科入試で、各日程とも両コース共通問題です。合格者の平均ラインはスタンダードは70%、Sアドは80%が一つの目安になってくるでしょう。各教科で、まずは基本的な問題から確実に得点することが合格のポイントといえます。

 一般に、中高入試は今後、大学入試改革を意識した出題の方向性が予測されています。例えば記号選択問題でも、適切な選択肢が複数設定されるなど、考える力や判断力が一層求められていくのではと思っています。

(お話は甲南女子中高・松尾由起子 教頭先生)


戻る



当HP掲載記事の無断転載・転用を禁じます。
©2017 Kyoikujihosha All rights reserved.